仕事をズル休みしてもいい?ズル休みのメリットとデメリットを考える

気分が乗らない日があり、つい仕事をズル休みしたくなることがありますよね。重要なプロジェクトの締め切りに追われている、人間関係のトラブルに悩まされているなど、仕事から離れてリフレッシュしたいという気持ちが高まることがあるでしょう。今回は、仕事をズル休みするメリット・デメリットを紹介します。客観的に捉えることで、ズル休みに対する罪悪感が減るかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

仕事をズル休みするメリット

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

仕事をズル休みすることには、以下のような良い面があります。

ストレス解消やリフレッシュ

日常の仕事や責任に追われるなかで、ストレスや疲労が蓄積されることがあります。そのようなときに、仕事を一時的に離れてリフレッシュすることは、心身のバランスを取り戻す重要な手段です。たとえば、自然の中を散歩することや、趣味に没頭することで、心の安らぎやリラックスを感じることができます。

精神的な疲れを軽減

長時間の仕事やストレスの多い状況に直面すると、精神的な疲れが蓄積され、集中力や生産性が低下することがあります。仕事を休んで自分のペースを取り戻し、心の余裕を持つことで、精神的な疲れを軽減することができます。

このようなリフレッシュの時間を取ることで、仕事へのモチベーションが回復し、より効果的に業務に取り組むことができるでしょう。

クリエイティブなアイデアの発想

仕事を休んでリラックスする時間を持つことで、新しいアイデアや解決策が浮かぶことがあります。ストレスから解放された状態で、自分の思考や感情に余裕が生まれ、より創造的なアプローチが可能になります。

たとえば、散歩中やお気に入りのカフェで、ふとした瞬間にアイデアが閃くことがあります。このようなクリエイティブな発想は仕事において新たな視点や解決策となり、業務の質を向上させることができます。

仕事をズル休みするデメリット

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

仕事をズル休みすることには、以下のようなデメリットがあります。

仕事の遅れやストレスの増加

仕事をズル休みすると、その結果として仕事の進行が遅れたり、未完了のタスクが増えたりすることがあります。後から仕事を取り戻す際には、遅れた分の仕事を追いかける必要が生じ、ストレスが増加する可能性があります。さらに、未処理のタスクが積み重なると仕事の質や効率にも影響を与える可能性があります。

信頼性を失う

仕事のズル休みが発覚すると、他のチームメンバーや上司、クライアントなどからの信頼を失う可能性があります。定期的に仕事をサボることで、自身の信頼性や責任感などが問われることもあるでしょう。そして、ズル休みが習慣化すると、周囲からの評価や評判にも影響を与える場合もあります。

周囲に影響を及ぼす

仕事をズル休みすると、自身だけでなく周囲の人々にも影響を与えることがあります。たとえば、他のチームメンバーが仕事をカバーしなければならなくなるため、その負担が増加してしまいます。休み明けの際には、感謝を伝えることを忘れないようにしましょう。

仕事をズル休みして罪悪感を感じるときは

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

仕事をズル休みすると罪悪感を抱えてしまうこともあるでしょう。そういったときには以下の対処法を参考にしてみてください。

自己避難をしない

仕事をズル休みしたことに対して自己非難するのではなく、自分自身で休んだことを許します。自分の健康やリフレッシュのために必要な行動だったという視点を持ちましょう。以下は自己避難をしないための具体的な方法です。

1. 自分を理解する
まずは自分の感情や状況を理解しましょう。仕事をズル休みしたことに対する感情やその理由を冷静に分析します。

2. 適切な自己評価
自分の行動を客観的に評価しましょう。自己評価が過度に厳しい場合は、その理由や根拠を見直します。

3. 過去の経験から学ぶ
似たような状況や行動を経験した過去の経験を振り返ります。その時の感情や結果を考え、今回の状況との比較を行います。

4. 自己優先の重要性を認識する
自分の健康や幸福も大切であることを認識します。仕事をズル休みすることが自己ケアやストレス管理に役立つ場合は、それを受け入れます。

5. ポジティブな言葉を使う
自分に対して否定的な言葉やフレーズではなく、肯定的な言葉を使い、自分を励ましましょう。

6. 周囲の影響を考慮する
自己許可を与える際には、周囲の人々や状況にも配慮します。自分の行動が他人に与える影響を考え、適切に対処します。

状況を客観的に見る

仕事をズル休みした理由や状況を客観的に振り返りましょう。自分が必要な休息やリフレッシュを取ることが重要だったのか、その判断を再評価します。この際、感情に左右されず客観的な事実を見極めることが重要です。例えば、「疲労が限界に達しており、クリエイティブな思考や集中力が低下していた」という客観的な事実を認識することができます。

他の方法でバランスを取る

仕事をズル休みした結果、罪悪感を感じる場合は、今後同じ状況を回避するための方法を考えます。例えば、定期的な休息やストレス軽減のためのアクティビティを取り入れるなどです。具体的な方法としては、週末に自分の趣味に没頭する、定期的にストレッチや深呼吸を行うなど、ストレスを溜めてズル休みしたくなる前に、他の方法でズル休みを回避できる方法を探りましょう。

心理的なサポートを求める

罪悪感やストレスが深刻な場合は、友人や家族、専門家に相談しましょう。話を聞いてもらうことで気持ちが軽くなることもありますし、必要なアドバイスや支援をもらうことができます。心理的なサポートを受けることで、感情を整理し、前向きな解決策を見つけることができるでしょう。

仕事をズル休みする前に考えるべきこと

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

仕事をズル休みする前に、以下のポイントを考慮することが重要です。

自分の状態を客観的に見極める

仕事をズル休みする前に、自分の体や心の状態を客観的に見極めることが重要です。疲れている、集中力が欠如している、ストレスがたまっているなどのサインがあれば、適切な休息が必要かもしれません。しかし、ただ単に仕事が面倒くさいと感じているだけであれば、他の解決策を模索することが適切かもしれません。

仕事をズル休みする代わりに、他の方法でストレスを軽減する方法を探す

仕事をズル休みする前に、他のストレス解消法を試してみることを検討しましょう。例えば、ストレス発散のために運動をしたり、リラックスするためにマインドフルネスや瞑想を試してみたりすることが有効です。また、仕事の負荷を軽減するために、タスクを分割したり、優先順位をつけたりする方法も考えられます。

上司やチームとのコミュニケーションを大切にする

仕事をズル休みする前に、上司やチームメンバーとコミュニケーションを取ることが重要です。例えば、仕事の負荷が過剰であることや、ストレスがたまっていることを正直に伝えることで、適切なサポートや解決策を見つけることができます。また、仕事をズル休みする場合は、できるだけ早めに上司や関係者に連絡を入れることがいいでしょう。

仕事をズル休みするときの注意点

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

ズル休みの理由はどうする?

仕事をズル休みする場合、休む理由を会社に伝えなければなりません。その際に、どのように伝えれば休むことが不自然ではないでしょうか。ここでは、仕事をズル休みするときの理由の例をいくつか挙げます。

■ 健康上の理由
「突然体調が優れず、熱が〇〇度出ております。本日は病院で診察を受け、明日からの出勤に向けてゆっくり休養し、回復に努めたいと思います。ご不便をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。」

健康上を理由にして休む場合には、発熱していると伝えることがポイントです。咳・鼻水などの体調不良では軽く見られることがあり、出社を求められる可能性もあります。そのため、熱があり出社が困難であると伝えます。また、胃腸炎で嘔吐や下痢症状があるといったことも休む理由として理解されやすいでしょう。

■ 家庭や家族の緊急事情
「突然ですが、家族に健康上の問題が起きまして、緊急でサポートが必要な状況です。今日はその家族の病院に付き添い、医師と相談しながら状況を把握し、適切な対応を取るため、急遽お休みをいただきたいと思います。」

子供が体調を崩した、高齢の父母の看病が必要など、家族の急用も休む理由としては受け入れられやすいでしょう。伝える際には、「子供が38度の熱があり保育園に断られた」、「父母の体調が悪く、病院への送迎や看病をしなければならない」といった、サポートや付き添いが必要であるといったことを伝えるのがポイントです。

■ 予定外のトラブル
「今朝、通勤途中に車が突然故障したため、道路脇に安全に停車して修理を試みましたが、問題は解決されなかったので、レッカーサービスを呼び、車を修理工場に運ぶための手配をしていますが、作業には時間がかかる見込みです。現在も道路脇で車の修理を待っており、本日はお休みをいただきたいです。大変申し訳ございませんが、できる限り早く修理を完了し、業務に復帰するよう努めます。」

「今朝、仕事を始めようとしたところ、突然インターネット接続が切れ、コンピューターの再起動やルーターの再設定を試みましたが、問題が解決されませんでした。電話でインターネットサービスプロバイダーに連絡しましたが、修復に時間がかかる見込みです。そのため、現在の状況では業務の遂行が難しいため、本日はお休みいただきます。申し訳ありませんが、できる限り早く問題を解決し、再度業務に取り組むよう努めます。」

予期せぬトラブルが起こったといった理由も言えるでしょう。トラブルの場合は、手続きや修理に時間がかかってしまうため休みたいと伝えるようにするのがポイントです。

ズル休みで気を付けたいところ

■ 出勤時間の前までに伝える
出勤時間の前までに休みを伝えることが重要です。可能な限り早い段階で連絡を入れることで、業務の調整や代替措置の準備がスムーズに行えます。他の従業員やチームメンバーに迷惑をかけないように配慮しましょう。

■ 休みを伝えるときはできるだけ電話にする
休みを伝える際には、できるだけ電話を利用することが重要です。電話で直接上司や担当者に伝えることで、休みの理由や状況をより詳細に説明できます。メールやチャットなどの電子メディアよりも、より迅速で適切な対応ができるでしょう。

■ ズル休みがバレる行動はしない
ズル休みがバレる行動は避けるようにしましょう。仕事関連の場所や時間に出入りすることや、SNSや他の公共の場で発信する際に注意が必要です。信頼関係を損なわず、誠実な姿勢を保つことが大切です。

■ 毎回同じ理由を使わない
毎回同じ理由を使わず、異なる理由を選択することが重要です。繰り返し同じ理由を使用すると、信頼性が失われるだけでなく、ズル休みがバレる可能性も高まります。客観的で信頼性のある理由を選択し、誠実な対応を心がけましょう。

参考:仕事でしばらく休みたい!休職で連絡する時の伝え方と注意点をご紹介 

仕事をズル休みしたい!今の職場が合わないときは転職もアリ

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

頻繁に仕事をズル休みしてしまったり、今の職場がつまらないなどと考えている方は、転職を検討することも一つの選択肢です。

転職をする際には、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、専任のアドバイザーから希望に合った求人紹介をしてもらえるうえに、さまざまなサポートを受けつつ転職活動を行うことが可能です。

たとえば、「自分に合う仕事が分からない」「キャリアアップしたいけど、現職では難しそう」といった場合、アドバイザーに相談しつつキャリアプランを立てられ、自分の希望する仕事や業種などを明確にすることも可能です。

転職エージェントを活用することで、自分が働きたいと思える企業に巡り会える可能性が高まります。完全無料で利用できる転職エージェントの一例を下記にまとめましたので参考にしてみてください。

転職エージェント特徴・職業紹介事業許可番号
・労働者派遣事業許可番号
リクルートエージェント非公開求人も取り扱われており、年収や条件、入社日程の交渉も行なってもらえる・13-ユ-313011
・-
ビズリーチ「年収アップを考えている」などとハイクラスへの転職を希望する人向けの転職エージェント・13-ユ-302647
・-
レバテックキャリアIT業界に特化した転職エージェント。IT技術に精通した専門アドバイザーからさまざまな転職支援を受けられる・13-ユ-308734
・派13-308125
キャリアメニュー飲食業界に特化した転職エージェント。首都圏や近畿圏の求人から希望に合った求人を紹介してもらえる・14-ユ-301928
・-
UZUZ20代理系出身者の転職や就職をサポート。大手上場企業からベンチャー企業までの求人が取り扱われている・13-ユ-305514
・派13-306316

また、休みが多くて給料がいい仕事についても、調べてみてもいいでしょう。詳しくはこちら▶︎ 休みが多くて給料がいい仕事とは?高収入が狙える仕事は?

仕事をズル休みしてもいい?ズル休みのメリットとデメリットを考える|まとめ

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

仕事をズル休みすることには、メリットもデメリットもあります。自分の状況や責任を考慮し、適切に判断することが重要です。ストレスや疲労がたまっている場合は、リフレッシュするための休息が必要ですが、その際には他の解決もできないか検討してみましょう。

また、仕事をズル休みしたいときには、周囲とのコミュニケーションを大切にし、責任を持って行動することが求められます。バランスの取れた健康的な働き方を見つけることが重要でしょう。

◼︎jobdaマガジンおすすめの記事はこちら

フリーランスエージェントのおすすめ一覧18選【2024年最新版】未経験からの始め方も紹介
ワーママにおすすめの転職サイト・エージェント11選!選び方や始め方は?
【30代女性おすすめ】転職サイト・エージェント14選!未経験・スキルなし・子持ちなど30代女性転職のコツも紹介

関連記事

月曜日の仕事が怖い?怖いと感じる理由や対処方法5選を紹介

月曜日は多くの人にとって、新しい仕事の始まりを意味しますが、時には怖いと感じることもあるでしょう。月曜日の仕事が怖いと感じる理由や対処方法を紹介します。状況をしっかりと確認し、無理をしないことが重要です。 月曜日の仕事が […]

  jobda 編集部

就活しないまま卒業したら?その後のリスクと対策方法とは

卒業を間近に控えた学生の中には、就職活動をしないまま大学を卒業する方が一定数います。その結果、それぞれがどのような人生を歩んでいるのか、リスクと対策を一緒に考えてみましょう。本記事では、就活しないまま卒業することの具体的 […]

  jobda 編集部

仕事3日目で覚えられない?新人が乗り越えるための7つのコツ

新しい仕事に慣れる過程で、特に最初の数日間は覚えることが多くて大変なものです。仕事3日目でまだ覚えられないと感じることは、心配することではありません。この記事では、仕事3日目で覚えられないという問題を乗り越え、成長するた […]

  jobda 編集部

仕事を1週間で辞めたい理由とは?正しい進め方と注意点を解説

新たに仕事を始めてから1週間での早期退職。ストレスからの解放、労働条件の不満、会社方針との不一致など、退職の背景は多岐にわたります。早期退職をする場合には正しいステップを踏むことが大切です。また、入社前に1週間での早期退 […]

  jobda 編集部

社会人10年目の立ち位置とは?仕事10年目で求められることや悩む転職時期

社会人10年目ともなると求められる仕事の幅や責任、今の職場で良いのだろうか? とキャリアと照らし合わせて悩む方も多いはず。本記事では、仕事10年目で考えたいポイントを紹介。転職をすべき人、そうでない人の特徴なども解説する […]

  jobda 編集部