社会人4年目で仕事ができない!4年目で求められることや悩んだ時の対策とは

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

社会人4年目は基本的なビジネスマナーを身に付け、中堅社員への入口ともいえる年数です。しかし、仕事4年目になるのに「仕事ができない」「モチベーションが下がった」などの悩みも出てくる時期でしょう。本記事では、社会人4年目で求められること、仕事ができないと悩んだときの対策方法を紹介するので、参考にしてみてください! 

社会人4年目で求められること

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

社会人4年目は若手社員と言われる一方で、中堅社員の入口といった立ち位置にもなり、業務で求められるレベルが上がることでしょう。

以下に、社会人4年目で求められるレベルをまとめました。

  • 上司や部下双方に目を向け自発的に進める
  • 若手社員の相談や指導役
  • 円滑に業務を進めるコミュニケーション力

上司や部下双方に目を向け自発的に進める

社会人4年目になると、ある程度の知識やスキルが身についてきます。そのため、部署全体を見渡し、業務の進め方や成果を効果的に出すように、自発的に考え動く能力が求められるでしょう。

若手社員の相談や指導役

社会人4年目は新入社員や若手社員との距離も、上司と比べると近い存在となるため、若手社員から相談を受けることもあるでしょう。また、業務が正確且つスムーズに進められるよう、若手社員に対して指導をする立場も求められます

円滑に業務を進めるコミュニケーション力

社会人4年目は上司や後輩をつなぐ役割も期待されており、上司からの業務方針を的確に汲み取り、伝えられる能力や、後輩からの意見を吸い上げて上司に提案する能力など、業務が円滑に進められるコミュニケーション能力が求められるでしょう。

社会人4年目の悩み

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

社会人4年目ではどのような悩みがでてくるのでしょうか。以下にまとめてみました。

  • 仕事の難易度が上がってきつい
  • 仕事4年目になるのに仕事ができない
  • 仕事に対するモチベーションが下がった
  • 転職するかどうか迷う

仕事の難易度が上がってきつい

いつまでも若手社員の気持ちではいられないのが、社会人4年目のきついところです。業務の幅や難易度が上がり、求められるレベルも高くなります。それにより、手が回らなくなって業務の質が悪くなると評価が下がってしまい、さらにきついと感じることでしょう。

仕事4年目になるのに仕事ができない

仕事4年目になるのに、「仕事ができない」「成長を感じない」と感じる方もいるはずです。なぜ仕事ができないのか原因を追求することで改善できることもあります。また、そもそも、仕事の内容や職場環境が合っていない場合もあるでしょう。

仕事に対するモチベーションが下がった

入社当時に持っていたモチベーションがなくなったと、社会人4年目で思うことがあります。モチベーションの低下には、「仕事に見合った給料をもらっていない」「評価されにくい」などの理由があるはずでしょう。

転職するかどうか迷う

社会人4年目になると、基本的なビジネスマナーやある程度の経験値ができるため、違う業種や職種に挑戦してみたいと感じる時期でもあります。また、新卒時に思った志望理由とは考え方が変わることで、転職を考える人もいるでしょう。

社会人4年目の悩みが解消されないときは転職も視野に入れてみる

「仕事のモチベーションが下がった」「成長が感じられない」といった場合、転職をすることも視野に入れてみるのも一つの手です。ほかの会社に転職することで、社会人4年目の悩みが解消される可能性もあります。

「忙しくて転職活動に時間を割けない」「転職できるのかが不安」といった場合、スカウト型の転職エージェントである『ビズリーチ』の利用も検討してみてください。自分で積極的な活動をせずに登録をしておくだけで、希望に合った転職先からスカウトを受けられる可能性もあります。

社会人4年目で悩んだときの対策

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

他人と比較しない

「仕事ができない」「成長を感じない」と思うときは、まず今の自分にできることを考えてみましょう。入社当時ではできなかったことが、今ではできるようになったことがあるのではないでしょうか。周りと自分を比較するのではなく、過去の自分自身と比較することで、自信を持ちやすくなるでしょう。

ロールモデルを見つける

社会人4年目になり、入社当時に持っていた情熱がなくなり、仕事に対してモチベーションが下がってしまったと思う方もいるでしょう。

「評価されない」「給料が見合っていない」の理由からモチベーションが保てなくなってしまったら、身近にロールモデルを見つけることをおすすめします。「こんな人になりたい」と理想を持つことでモチベーションを上げることができるでしょう。

キャリアプランを見据え転職を検討してみる

社会人4年目は転職を検討してみるのもおすすめです。20代後半での転職活動であれば、これから成長してもらえるといった期待と、ある程度の社会人経験があり即戦力として活躍してもらえるだろうと採用側にとってもメリットが大きく、転職成功が高まりやすいでしょう。

社会人4年目で仕事を変えたいときは転職エージェントを活用する

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

「新たな環境で1から働きたい」「他の業種に転職したい」といった場合、転職エージェントを活用してみてください。転職エージェントを利用することで、専任のアドバイザーから希望に合った求人紹介をしてもらえるうえに、さまざまなサポートを受けつつ転職活動を行うことが可能です。

たとえば、「年収や残業時間などの業務条件が合う仕事が見つからない」という場合、条件に合った求人を紹介してもらえたり、内定後には企業と条件交渉をしてもらえたりと、希望に合った企業に転職するための支援をしてもらえます。

また、「そもそも自分に向いている仕事がわからない」という場合でも、アドバイザーに相談しつつキャリアプランを立てられ、自分の希望する仕事や業種などを明確にできることも期待できます。

転職エージェントを活用することで、自分が働きたいと思える企業に巡り会える可能性が高まります。転職をすぐにするのではなく、今後のキャリアに関する相談だけでも可能なので、まずは完全無料で利用できる転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェント特徴
リクルートエージェント非公開求人も取り扱われており、年収や条件、入社日程の交渉も行なってもらえる
ビズリーチ「年収アップを考えている」などとハイクラスへの転職を希望する人向けの転職エージェント
レバテックキャリアIT業界に特化した転職エージェント。IT技術に精通した専門アドバイザーからさまざまな転職支援を受けられる
キャリアメニュー飲食業界に特化した転職エージェント。首都圏や近畿圏の求人から希望に合った求人を紹介してもらえる
UZUZ20代理系出身者の転職や就職をサポート。大手上場企業からベンチャー企業までの求人が取り扱われている

4年目で転職すべきorすべきでない人の特徴

イメージ画像
画像提供:ピクスタ
転職をしたほうが良い人転職をしないほうが良い人
キャリアビジョンが明確にある転職の目的が曖昧
目標達成が今の会社では難しい業務内容や働く環境などを
現職で改善できる可能性がある
パワハラなど労働環境が悪い労働環境には不満がない

社会人4年目で転職を考える際、曖昧な理由での転職活動はおすすめできません。「仕事に飽きた」「コミュニケーション不足による業務の滞り」などの悩みであれば、現職で改善することが可能な場合もあります。そのため、転職を考える前に、上司や先輩社員などへ相談をしてみるのも良いでしょう。

一方で、実現したいことが明確且つ、今の会社では物理的に叶えることが難しければ、転職を考えるのも一つの手です。転職を迷っているうちにタイミングを逃してしまうこともあるため、在職中から転職活動を行うのがおすすめです。

社会人4年目で転職を成功させるポイント

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

社会人4年目で転職活動を成功させるポイントを紹介します。

  • 転職理由を明確にする
  • 企業研究を怠らない
  • 転職先で活かせる経験を伝える
  • 転職エージェントのサポートを受ける

転職理由を明確にする

転職する理由や目標を明確にしましょう。どのような職種や業界を目指すのか再度確認をして、なぜその転職が自分にとって重要なのかを把握しておくことで、意欲的に転職活動を行えるでしょう。また、理想の労働環境や収入なども定めておくのがおすすめです。

企業研究を怠らない

魅力的な転職先を見つけたら、その企業の情報を集めましょう。企業研究をすることで、より自分がアピールできる強みや経験なども見つけやすくなります。

また、収入が良いといった目先のことだけで転職先を決めてしまうことは避けましょう。残業などの労働条件や本当にやりたいことではなく、せっかく転職をしたのに長く続かないこともあるためです。

転職先で活かせる経験を伝える

社会人4年目になると、それ相応の経験や実績があることでしょう。今までの経験が転職先では、どのように活かせるか具体的にアピールできることで転職の成功も高まることでしょう。

転職エージェントのサポートを受ける

転職成功に近づけるためには、転職エージェントの活用も検討してみましょう。転職エージェントでは、書類の添削や面接対策、待遇面の交渉や入社前後のフォローなどサポートしてくれるところがあります。初めての転職活動で分からないことも、アドバイザーに相談できるところも魅力でしょう。

社会人4年目で悩むのは成長している証

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

社会人4年目は上司と後輩をつなぐポジションで、仕事で求められるレベルも上がります。そのため、「仕事ができない」と悩む人もいるでしょう。しかし、そうした悩みは仕事に真摯に向き合っているからこそ生まれる悩みでもあります。

また、社会人4年目になるとキャリアビジョンを見据えて、転職を検討する人も出てきます。さまざまな可能性を信じて、挑戦をしていきましょう!

こちらのおすすめ

関連記事

月曜日の仕事が怖い?怖いと感じる理由や対処方法5選を紹介

月曜日は多くの人にとって、新しい仕事の始まりを意味しますが、時には怖いと感じることもあるでしょう。月曜日の仕事が怖いと感じる理由や対処方法を紹介します。状況をしっかりと確認し、無理をしないことが重要です。 月曜日の仕事が […]

  jobda 編集部

就活しないまま卒業したら?その後のリスクと対策方法とは

卒業を間近に控えた学生の中には、就職活動をしないまま大学を卒業する方が一定数います。その結果、それぞれがどのような人生を歩んでいるのか、リスクと対策を一緒に考えてみましょう。本記事では、就活しないまま卒業することの具体的 […]

  jobda 編集部

仕事3日目で覚えられない?新人が乗り越えるための7つのコツ

新しい仕事に慣れる過程で、特に最初の数日間は覚えることが多くて大変なものです。仕事3日目でまだ覚えられないと感じることは、心配することではありません。この記事では、仕事3日目で覚えられないという問題を乗り越え、成長するた […]

  jobda 編集部

仕事を1週間で辞めたい理由とは?正しい進め方と注意点を解説

新たに仕事を始めてから1週間での早期退職。ストレスからの解放、労働条件の不満、会社方針との不一致など、退職の背景は多岐にわたります。早期退職をする場合には正しいステップを踏むことが大切です。また、入社前に1週間での早期退 […]

  jobda 編集部

社会人10年目の立ち位置とは?仕事10年目で求められることや悩む転職時期

社会人10年目ともなると求められる仕事の幅や責任、今の職場で良いのだろうか? とキャリアと照らし合わせて悩む方も多いはず。本記事では、仕事10年目で考えたいポイントを紹介。転職をすべき人、そうでない人の特徴なども解説する […]

  jobda 編集部