声が出ないときは仕事を休むべき?適切な連絡方法と休息の大切さを紹介

仕事では声を出してコミュニケーションをとる場は多くあるでしょう。声が出ないと重要なコミュニケーションがとりづらく、仕事においてさまざまな影響を与える可能性があります。この記事では、声が出ないときに仕事を休むべきかどうか、そして適切な休息の重要性について紹介します。

声が出ない原因と仕事への影響

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声が出ない状況の原因

■ 風邪やウイルス感染
風邪やウイルス感染による喉の炎症や声帯の腫れは、声が出にくくなる要因となります。また、喉の不快感や痛みも声の出しにくさを引き起こす可能性があります。

■ ストレスや疲労
長期間のストレスや精神的な負担は、声帯や喉に負荷をかけ声が出にくくなることがあります。また長時間にわたり声を出していたり、過度に大きな声を出したりといった場合も、声帯や喉に疲労を引き起こし、声が出にくくなる原因でしょう。

■ 職場のストレスが原因であれば転職も視野に入れてみる

声の出ない原因が職場のストレスである可能性があれば、転職を視野に入れてみるのも対策の一つです。

「忙しくて転職活動に時間を割けない」「転職できるのかが不安」といった場合、スカウト型の転職エージェントである『ビズリーチ』の利用も検討してみてください。登録しておくだけでも希望に合った転職先からスカウトを受けられる可能性もあります。

声が出ない状況の影響

風邪やウイルス感染、過度な声の使用などにより、声が出ない状況が長引くと、声帯の損傷や炎症が慢性化する恐れがあります。

また、声が出ない状況ではコミュニケーションや指示の伝達が困難になり、仕事のパフォーマンスに支障をきたす可能性があります。とくに声を使う職業では、声の状態が業務遂行に直結するため、普段から気を付けるようにしましょう。

声が出ないときに仕事を休むべきか

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声が出ないときは仕事を休むべき?

■ 声の状態の深刻さ
声が出ない状況が声帯の一時的な疲労やストレスによるものであれば、適切な休息を取ることで回復する可能性があります。しかし、声が出ない状況が声帯の損傷や炎症によるものであれば医療の専門家に相談し、適切な治療を受ける必要があるでしょう。

■ 仕事の性質と声の重要性
声を必要とする業務が多い職種や、声がコミュニケーションの中心となる場合は、声が出ない状況が仕事に大きな影響を与える可能性が高いため、適切な休息を取ることが重要です。

声が出ないときに仕事を休むべきかどうかの注意点

■ 自己判断ではなく相談してみる
声の状態が深刻である場合や、仕事に影響を与える可能性が高い場合は、医療の専門家や上司と相談し、適切な判断を行うことが重要です。

■ 休暇申請の手続き
仕事を休む場合は、適切な休暇申請の手続きを行う必要があります。労働法や企業の規定に基づいて、休暇を取得するための手順や条件を確認して連絡をしましょう。

■ 休暇中の声のケア
休暇中も声のケアを怠らないようにしましょう。声を極力使わないように休めて、ケアを行いながら、早期に回復するための努力をします。

声が出ないときの仕事の対処法

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声が出ない状況でも仕事を続けるための具体的な対処法について説明します。

声を極力使わないコミュニケーション方法

■ メモやメールを活用する
声を使わずに情報を伝えるために、メモやメールを活用しましょう。重要な情報や指示を文書化して共有することで、声の負荷を軽減することができます。

ジェスチャーや表情を利用する
声が出にくい場合でも、ジェスチャーや表情を活用してコミュニケーションを補完しましょう。具体的な手振りや表情で意思を伝えるようにします。

声を使わない仕事に切り替える方法

デスクワークやオンライン業務に移行する
声が不要なデスクワークやオンライン業務に切り替えることで、声の負荷を軽減することができます。例えば、文書作成やデータ入力などの業務に集中しましょう。

休憩やタスクの調整を行う
声が不調な時には、声を使わない軽作業や休憩を挟むことで声の休息を促進しましょう。仕事のスケジュールやタスクの優先順位を見直し、声を使わない仕事に集中することも重要です。

これらの対処法を実践することで、声が出ない状況でも仕事を続けることができます。声の負荷を最小限に抑えながら、仕事の遂行を円滑に行いましょう。

声が出なくて仕事を休むときの連絡方法

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声が出ない状況で仕事を休む際には、適切な連絡方法を選択することが重要です。以下に、具体的な連絡方法とメールで欠勤連絡の例文を紹介します。

声が出なくて仕事を休むときの連絡手段は?

できる限り電話で連絡をする

声が出ない状況でも電話で直接上司や人事部に欠勤を伝えることで、声の状態を把握してもらうことができます。また、電話は即時に連絡を取ることができるため、緊急の場合にも適しているでしょう。

メールやチャットツールで欠勤連絡や業務引継ぎの連絡をする

声が全く出ない場合や欠勤の理由を書面で説明したい場合は、メールを利用することが効果的です。メールを送ることで、欠勤申請や理由、業務の引継ぎを詳細に説明することができます。

チャットツールはリアルタイムでのコミュニケーションが可能なため、迅速な対応が期待できます。また、グループチャット機能を利用して、関係者全体に一斉に連絡することも可能です。

事前の連絡の大切さ

休みを取る前に、可能な限り早めに上司や関係者に声が出ない状況を伝えることが大切です。事前の連絡を行うことで、業務の調整や代替策の検討がしやすくなります。また、他のメンバーにも影響を与える場合は、余裕を持って連絡することが信頼関係を築くうえで重要でしょう。

以下に、メールで連絡する場合の例文を紹介するので参考にしてみてください。

声が出なくて仕事を休むときのメールの例

件名:【所属部署名〇〇 氏名〇〇】体調不良により欠勤致します

本文:
〇〇部 〇〇部長

おはようございます。〇〇(ご自身の名前)です。

昨夜から発熱があり、喉の痛みも感じておりました。申し訳ございませんが、声が出ないため電話での連絡が難しい状況です。
業務に支障をきたす恐れがあるため、本日は休みをいただいてもよろしいでしょうか。

このあと病院にて診察を受けてまいりますので、診断結果が判明し次第、改めてご連絡いたします。
休暇中も可能な限り業務の進行に支障が生じないよう、何かございましたらご連絡ください。

この度はご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
何卒、よろしくお願いいたします。

〇〇部 〇〇(ご自身の名前)

このように、メールでの欠勤の伝える際には、件名や本文に必要事項を明記し、丁寧な表現で相手に伝えることが重要です。メール内容には、「件名に要件・自分の名前」「会社を休む明確な理由」「休む日数予定」「業務の引継ぎ次項」「謝罪の言葉」「署名」を忘れずに記載します。

また、業務の影響を最小限に抑えるため、始業前までに連絡を取ることも心掛けましょう。

声が出なくて仕事を休むときには

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声を休める

■ 声を出さない時間を確保する
声が不調な時は、可能な限り声を出さない時間を確保しましょう。例えば、静かな環境での作業や、音楽を聴きながらのリラックスタイムを取ることも有効です。このような時間を作ることで、声帯や喉の負担を軽減し、声の休息を促します。

■ 会話を控える
声が出ない状況では、会話を控えることが重要です。必要な情報は簡潔に伝え、長時間の会話を避けるようにしましょう。とくに雑談や大声での会話は声帯に負担をかける可能性があるため、極力避けるよう心がけます。

声をケアする

■ 喉を温める
声が出ないときは、喉を温めることで声の調子が整いやすくなります。温かいお茶やスープなどで喉を温め、保湿して喉に負担がかからないようにしましょう。

■ のど飴や喉スプレーを利用する
喉の保湿や刺激を和らげるために、のど飴や喉スプレーを利用することも有効です。喉の乾燥を防ぎ、調子を整えるのに役立つでしょう。

声が出ないときに仕事を休む際に気を付けるところ

連絡はできるだけ自分でする

声が出ない状況でも、できるだけ自分で会社に連絡を入れるようにします。ただし、どうしても自分では連絡できない場合には、代理人に連絡をしてもらう場合もあるでしょう。その際には、「本人は声が出ないため代わりに連絡をしている」「回復したら本人から連絡を入れる」などの旨を会社側に伝えるように、欠勤連絡を代行してもらうようにします。

必ず休む連絡を入れる

声が出ないため仕事を休む場合には、必ず連絡を入れます。無断欠勤してしまうと、他のチームメンバーや上司に迷惑をかける可能性があります。また、心配や不安を抱かせてしまうこともあるでしょう。

仕事の流れやプロジェクトの進行に影響を与えることも考えるため、早めに連絡を入れて欠勤の理由を説明するようにします。適切な連絡をすることで信頼関係を損なうことなく、休み明けにもスムーズに業務に戻れるでしょう。

休み明けには感謝を伝える

休み明けには、自分に代わって仕事をしてくれたチームメンバーや、休んだことで迷惑をかけた相手に対して、感謝の言葉を伝えることが大切です。

声が出ないときは仕事を休むべき?|まとめ

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

声が出ない状況でも適切に対処することで、仕事をすることは可能でしょう。しかし、声が出ない状況が長引いたり、発熱を伴っていたりといった際には、自己判断をせずに医師や上司と相談して休むことも必要です。声の休息とケアを行い、仕事と健康とのバランスを大切にしましょう。

◼︎jobdaマガジンおすすめの記事はこちら

フリーランスエージェントのおすすめ一覧18選【2024年最新版】未経験からの始め方も紹介
ワーママにおすすめの転職サイト・エージェント11選!選び方や始め方は?
大手人材派遣会社8社|各社特徴を会社の選び方を紹介

関連記事

月曜日の仕事が怖い?怖いと感じる理由や対処方法5選を紹介

月曜日は多くの人にとって、新しい仕事の始まりを意味しますが、時には怖いと感じることもあるでしょう。月曜日の仕事が怖いと感じる理由や対処方法を紹介します。状況をしっかりと確認し、無理をしないことが重要です。 月曜日の仕事が […]

  jobda 編集部

就活しないまま卒業したら?その後のリスクと対策方法とは

卒業を間近に控えた学生の中には、就職活動をしないまま大学を卒業する方が一定数います。その結果、それぞれがどのような人生を歩んでいるのか、リスクと対策を一緒に考えてみましょう。本記事では、就活しないまま卒業することの具体的 […]

  jobda 編集部

仕事3日目で覚えられない?新人が乗り越えるための7つのコツ

新しい仕事に慣れる過程で、特に最初の数日間は覚えることが多くて大変なものです。仕事3日目でまだ覚えられないと感じることは、心配することではありません。この記事では、仕事3日目で覚えられないという問題を乗り越え、成長するた […]

  jobda 編集部

仕事を1週間で辞めたい理由とは?正しい進め方と注意点を解説

新たに仕事を始めてから1週間での早期退職。ストレスからの解放、労働条件の不満、会社方針との不一致など、退職の背景は多岐にわたります。早期退職をする場合には正しいステップを踏むことが大切です。また、入社前に1週間での早期退 […]

  jobda 編集部

社会人10年目の立ち位置とは?仕事10年目で求められることや悩む転職時期

社会人10年目ともなると求められる仕事の幅や責任、今の職場で良いのだろうか? とキャリアと照らし合わせて悩む方も多いはず。本記事では、仕事10年目で考えたいポイントを紹介。転職をすべき人、そうでない人の特徴なども解説する […]

  jobda 編集部