仕事を1か月休みたいと感じたら?心身のリセットが大切

日々忙しい社会人にとって、仕事を1ヶ月やそれ以上休みたいと思うことは決して珍しいことではありません。しかし、日本で1か月休むためには、それ相応の理由が必要であり、実現するのはかなりハードルが高いです。この記事では、1か月休まなくても、心身のリセットを行うための方法や、仕事へのモチベーションの上げ方についても解説します。

どうして1か月休みたいと感じるのか

イメージ画像
出典:ピクスタ

燃え尽き症候群

継続的に自分に負荷をかけていると、「燃え尽き症候群」を引き起こす可能性があります。これは、極度の疲労感や、仕事へのやる気の喪失などを引き起こします。この状態から回復するには、長期の休息が不可欠です。

心身の健康問題

病気などによる心身の不調は、休職を余儀なくされる理由です。全快には時間がかかる場合は、仕事を離れた上で治療に専念する必要がある場合があります。

仕事へのモチベーションの喪失

職場の問題、キャリアの行き詰まり、仕事の満足度の低下など、仕事自体への興味や情熱を失ってしまうことがあります。こうした状況では、距離を置き、自分自身を見つめ直す時間が必要です。

まずは1か月ではなく短期間でも休むことが大切

イメージ画像
出典:ピクスタ

1か月休むのは難しいですが、有給休暇などの制度を使って短期間でも仕事を休むことは可能です。休みを取った場合、以下の手段を用いて、心身のリセットを図りましょう。

友人と話す時間を作る

休みが取れたら、仲のいい友人などと一緒にご飯を食べに行くなど、自分の悩みなどを話せる時間を作りましょう。抱え込んでいることや、悩んでいることを誰かに伝えられるだけで、心のリフレッシュにつながります。

趣味の時間を楽しむ

自分の趣味を楽しむことで、心を癒すことができます。これは、旅行や釣り、読書など何でも構いません。自分が好きだと思えることを行って、心に余裕を持たせることが大切です。

運動する

デスクワークが多い人は、運動することも大切です。運動することによって、疲れはしますが、心のリフレッシュにつなげることができます。また、疲労により睡眠時間が増えたり、定期的に運動を行うことで、体力がついたりするなど、自分の体にも良い影響を与えてくれます。

スマホやPCから離れてみる

スマートフォンやPCを使っていると、仕事のことを考えてしまったり、余計な時間を使ってしまったりなど、あまり良いことが起きません。一度、スマホやPCを使わない生活を行い、心を落ち着かせることが大事です。スマホがないと不安などと感じる場合には、専門の機関に相談するなどの対処を行うようにしてください。

参考:仕事をしばらく休みたい!精神的に疲れた時の対処法や休む理由の伝え方

仕事へのモチベーションが大切

イメージ画像
出典:ピクスタ

仕事に対してやる気が出ない、モチベーションが上がらない、そういったときにも、仕事を休みたいと感じるようになります。ここでは、仕事へのモチベーションを上げるための方法について説明します。

目標の設定

自分自身に小さな目標を設定し、それを日々達成していきましょう。これにより、常に何かに向かって行動することができ、達成感を感じることができます。この時、目標は具体的かつ達成可能でなものを設定するようにしましょう。

趣味を見つける

働くためのモチベーションの一つに「趣味のため」というものがあります。例えば、旅行が趣味の人は、旅行に行くためのお金を働くことによって稼ぐ必要があります。このように、趣味のために仕事を頑張るといったサイクルを作り上げることで、仕事に対するやる気が湧くようになります。

仕事と私生活のバランス

オフの時間を大切にし、リフレッシュすることで、仕事に新たなエネルギーをもたらすことができます。また、ストレスを減らし、長期的に働き続けることが可能になります。

仕事へのモチベーションが上がらない場合は転職も視野に入れてみる

仕事へのモチベーションが上がらない原因は、今の労働環境にあるかもしれません。「キャリアアップがなかなか望めない」「職場の雰囲気がよくない」といった場合、転職をすることも視野に入れてみるのも一つの手です。

「忙しくて転職活動に時間を割けない」「転職できるのかが不安」といった場合、スカウト型の転職エージェントである『ビズリーチ』の利用も検討してみてください。自分で積極的な活動をせずに登録をしておくだけで、希望に合った転職先からスカウトを受けられる可能性もあります。

どうしても1か月仕事を休みたい時は?

イメージ画像
出典:ピクスタ

どうしても「1か月仕事を休みたい!」と感じる場合は、実行に移すことも大切です。無理に仕事を続けることはおすすめできません。

休職・退職する

現在の職場に対して、自分が合っていないために、仕事を休みたいと感じている可能性があります。その場合、そのまま仕事を続けていても、自分のためにはなりません。信頼できる上司がいる場合は上司に、いない場合は、専門の機関などに相談し、休職や退職の手続きをとりましょう。

なお休職中は原則として給与・賞与は発生しませんが、企業独自の休職制度(給与補償制度)を導入している場合は補償されることがあります。(参考:休職とは?休職手当の支給条件や主な休職理由など解説|労務サーチ

転職する

新しい職場を探す体力がある場合は、転職活動を行ってみましょう。現在の職場に居るのもあと少しなどと思うことによって、モチベーションが上がったり、やる気がでたりする場合もあります。もちろん、良い職場を求め、実際に転職が成功することで、仕事に対して休みたいなどと感じづらくなる場合もあります。

休むことは悪いことではない

休みたいから休む、といったことは決して悪いことではありません。ましてや、あなたの心が弱いからでもありません。人間、生きていれば必ず、疲れたり、燃え尽きたり、嫌になったりするものです。そういうときは、原因と距離を置き、自分の心身を整えることが一番大切です。専門の機関にも相談をしてみましょう。あなたの味方は必ずいるはずです。

どうしても仕事が辛いなら転職も考える

イメージ画像
画像提供:ピクスタ

どうしても仕事が辛いと感じているならば、転職を検討することも重要です。他の企業で自身の力を発揮できる場を見つけ、可能性を広げましょう。

仕事を変えたいときは転職エージェントがおすすめ

「仕事を転々としていてなかなか同じ職場で働けていない」「自分に合った職場が見つからない」といった場合、転職エージェントを活用してみてください。転職エージェントを利用することで、専任のアドバイザーから希望に合った求人紹介をしてもらえるうえに、さまざまなサポートを受けつつ転職活動を行うことが可能です。

たとえば、「年収や残業時間などの業務条件が合う仕事が見つからない」という場合、条件に合った求人を紹介してもらえたり、内定後には企業と条件交渉をしてもらえたりと、希望に合った企業に転職するための支援をしてもらえます。

また、「そもそも自分に向いている仕事がわからない」という場合でも、アドバイザーに相談しつつキャリアプランを立てられ、自分の希望する仕事や業種などを明確にできることも期待できます。

転職エージェントを活用することで、自分が働きたいと思える企業に巡り会える可能性が高まります。完全無料で利用できる転職エージェントの一例を下記にまとめましたので参考にしてみてください。

転職エージェント特徴・職業紹介事業許可番号
・労働者派遣事業許可番号
リクルートエージェント非公開求人も取り扱われており、年収や条件、入社日程の交渉も行なってもらえる・13-ユ-313011
・-
ビズリーチ「年収アップを考えている」などとハイクラスへの転職を希望する人向けの転職エージェント・13-ユ-302647
・-
レバテックキャリアIT業界に特化した転職エージェント。IT技術に精通した専門アドバイザーからさまざまな転職支援を受けられる・13-ユ-308734
・派13-308125
キャリアメニュー飲食業界に特化した転職エージェント。首都圏や近畿圏の求人から希望に合った求人を紹介してもらえる・14-ユ-301928
・-
UZUZ20代理系出身者の転職や就職をサポート。大手上場企業からベンチャー企業までの求人が取り扱われている・13-ユ-305514
・派13-306316

仕事への向き合い方を考えて、うまくやっていくことが大切

1か月など、長い期間休みたいと考えてしまうのは、あなたの心が弱いということではなく、あなたを追い込んでしまっている環境などが原因です。仕事に向き合って、がむしゃらにやり続けることは大切ですが、それでは心身が疲れ切ってしまい、どこかでスイッチが切れてしまうこともあります。1か月実際に休める職場なら良いですが、そのような職場はなかなかありません。1か月休まなくても、うまく働いていけるように、休みの使い方や生活、仕事へのモチベーションの保ち方などを考えていきましょう。

関連記事

月曜日の仕事が怖い?怖いと感じる理由や対処方法5選を紹介

月曜日は多くの人にとって、新しい仕事の始まりを意味しますが、時には怖いと感じることもあるでしょう。月曜日の仕事が怖いと感じる理由や対処方法を紹介します。状況をしっかりと確認し、無理をしないことが重要です。 月曜日の仕事が […]

  jobda 編集部

就活しないまま卒業したら?その後のリスクと対策方法とは

卒業を間近に控えた学生の中には、就職活動をしないまま大学を卒業する方が一定数います。その結果、それぞれがどのような人生を歩んでいるのか、リスクと対策を一緒に考えてみましょう。本記事では、就活しないまま卒業することの具体的 […]

  jobda 編集部

仕事3日目で覚えられない?新人が乗り越えるための7つのコツ

新しい仕事に慣れる過程で、特に最初の数日間は覚えることが多くて大変なものです。仕事3日目でまだ覚えられないと感じることは、心配することではありません。この記事では、仕事3日目で覚えられないという問題を乗り越え、成長するた […]

  jobda 編集部

仕事を1週間で辞めたい理由とは?正しい進め方と注意点を解説

新たに仕事を始めてから1週間での早期退職。ストレスからの解放、労働条件の不満、会社方針との不一致など、退職の背景は多岐にわたります。早期退職をする場合には正しいステップを踏むことが大切です。また、入社前に1週間での早期退 […]

  jobda 編集部

社会人10年目の立ち位置とは?仕事10年目で求められることや悩む転職時期

社会人10年目ともなると求められる仕事の幅や責任、今の職場で良いのだろうか? とキャリアと照らし合わせて悩む方も多いはず。本記事では、仕事10年目で考えたいポイントを紹介。転職をすべき人、そうでない人の特徴なども解説する […]

  jobda 編集部